Sitecore HabitatHome Platform のインストール

ここで紹介をしている Sitecore HabitatHome Plathome は以下の GitHub のリポジトリで公開されているものを紹介しています。

インストール環境の確認

Sitecore Experience Platform 9.1 Initial Release を利用しています。

デモ環境は、Sitecore のインストール環境としては、以下の設定が標準で設定されています。

この製品の インストール手順 を確認してください。インストール先の情報としては、以下がデフォルトとなっています。この設定を利用しているスクリプトは ここ の Habitat-910-XP0.ps1 を利用してください。

プロジェクトの場所 c:\projects\Sitecore.HabitatHome.Platform\ Habitat サイトドメイン habitathome.dev.local Web Root c:\inetpub\wwwroot Host Suffix dev.local xConnectRoot habitathome_xconnect.dev.local

$prefix = "dev.local"
$XConnectCollectionService = "habitathome_xconnect.dev.local"
$sitecoreSiteName = "habitathome.dev.local"

$xconnectHostName = "habitathome_xconnect.dev.local"

Sitecore のクリーンインストールが完了すると、 http://habitathome.dev.local/ でアクセスができるようになり、また /sitecore と入力するとログイン画面が表示されます。

モジュールのインストール

デモサイトで必要なモジュールをインストールしていきます。モジュールは以下の順番でインストールを進めてください。

Data Exchange Framework は任意でインストールすることができます。

/App_Config/connectionstrings.config に Dynamics につなげるための Connection Strings を追加してください。

  <add name="democrm" connectionString="url=https://sitecore1.crm4.dynamics.com/XRMServices/2011/Organization.svc;user id=crmdemo@demo1.onmicrosoft.com;password=password;organization=org;authentication type=2"/>

id password organization

Dynamics 365 のパラメーターを利用してください。

Web.config には以下の設定を追加する必要があります。

      <dependentAssembly>
        <assemblyIdentity name="Microsoft.Xrm.Sdk" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" culture="neutral" />
        <bindingRedirect oldVersion="0.0.0.0-8.0.0.0" newVersion="8.0.0.0" />
      </dependentAssembly>
      <dependentAssembly>
        <assemblyIdentity name="Microsoft.Crm.Sdk.Proxy" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" culture="neutral" />
        <bindingRedirect oldVersion="0.0.0.0-8.0.0.0" newVersion="8.0.0.0" />
      </dependentAssembly>

日本語リソースの追加

Sitecore Experience Platform 9.1 Initial Release の日本語リソースの追加および SXA の日本語リソースを追加してください。追加の手順は、Youtube の動画 が参考になります。

証明書の追加

ここ にある habitatdevhome.cert.ps1 のファイルを c:\projects\sif のフォルダにコピーをして実行してください。自己証明書が生成されたあと、 IIS にて https://habitathome.dev.local/ でアクセスできることを確認します。

https での接続でもログインができるようにするために、 Identity Server の設定を変更する必要があります。

C:\inetpub\wwwroot\habitathome.identityserver\Config\production にある Sitecore.IdentityServer.Host.xml のファイルを開いて、対象となる URL に関して http から https に変更してください。

リポジトリのクローン

https://github.com/Sitecore/Sitecore.HabitatHome.Platform のリポジトリのクローンを作成してください。Build を実行するにあたっては、以下の2つのファイルが設定ファイルになっています。

Sitecore Experience Platform のインストール環境に合わせて、パラメーターを変更してください。

必要なツールのインストール

以下のツールをインストールしてください。

ソリューションを構築する

上記の準備が完了したあと、準備されている build.ps1 を実行してください。

PS C:\projects\sitecore.habitathome.plathome> build.ps1

[13:14:20]
[13:14:20]
[13:14:20]    ) )       /\
[13:14:20]   =====     /  \
[13:14:20]  _|___|____/ __ \____________
[13:14:20] |:::::::::/ ==== \:::::::::::|
[13:14:20] |:::::::::/ ====  \::::::::::|
[13:14:20] |::::::::/__________:::::::::|
[13:14:20] |_________|  ____  |_________|
[13:14:20] | ______  | / || \ | _______ |            _   _       _     _ _        _     _   _
[13:14:20] ||  |   | | ====== ||   |   ||           | | | |     | |   (_) |      | |   | | | |
[13:14:20] ||--+---| | |    | ||---+---||           | |_| | __ _| |__  _| |_ __ _| |_  | |_| | ___  _ __ ___   ___
[13:14:20] ||__|___| | |   o| ||___|___||           |  _  |/ _` | '_ \| | __/ _` | __| |  _  |/ _ \| '_ ` _ \ / _ \
[13:14:20] |======== | |____| |=========|           | | | | (_| | |_) | | || (_| | |_  | | | | (_) | | | | | |  __/
[13:14:20] (^^-^^^^^- |______|-^^^--^^^)            \_| |_/\__,_|_.__/|_|\__\__,_|\__| \_| |_/\___/|_| |_| |_|\___|
[13:14:20] (,, , ,, , |______|,,,, ,, ,)
[13:14:20] ','',,,,'  |______|,,,',',;;
[13:14:20]
[13:14:20]

インストール後の作業

インストールが完了したあと、以下の手順を実行してください。


目次に戻る